ギフト特集
  肉の日(2/9)記念!お得な「神戸牛福箱」ご注文受付中 ▶詳しくはクリック
いらっしゃいませ ゲストさん カートを見る

> お肉の調理方法 > ご家庭での衛生管理術

ご家庭での衛生管理術

食品だけでなくお皿にもテーブルにも表面には極微量の雑菌がついています。
新鮮であれば牛肉も生でも食べられますが、時間とともに菌は増えていきます。
ここでは調理の時に気をつけていただきたい事を述べます。


食肉を美味しく安心して召し上がるために

菌はお肉の表面についています。ステーキも表面を高温で焼くのでレアでももちろん問題ありません。ひき肉の料理はしっかり中まで火を通してくださいね。

お肉の料理には大別して「焼く」「ゆでる」「煮込む」「揚げる」「蒸す」の5つの方法があります。それぞれの表面温度は次のようになります。

お肉の調理方法

  • 焼く:網焼きやフライパン焼きなど、肉は高温に熱せられた鉄板や空気に触れることによって200℃を超える。
  • ゆでる・蒸す:100℃程度
  • 煮込む:75〜100℃程度
  • 揚げる:180℃程度

このように、「焼く」「揚げる」料理は表面温度が高温にさらされること、「ゆでる」「煮込む」「蒸す」料理についてはじっくりと熱を加えることになるため、肉の表面は十分に火が通った状態になっており、安心して食べることができます。

ハンバーグなどひき肉を使った料理の場合は内部まで十分に火が通るよう、よく加熱してください。

O-157による食中毒ワンポイント

O−157は牛・豚の腸内細菌として存在する事があり、他の菌と同じくお肉の表面についていることが極稀にありますが、熱に弱く75℃では1分以上の加熱で死滅します。調理には十分な加熱をお願いします。

「O−157」を逆さにして覚えよう!
★「751−O」75℃1分でゼロ★

  • まな板・包丁・食器などは熱湯で十分消毒し、手もよく洗いましょう。
  • 調理した食品が残ったら冷蔵庫で低温保存してください。
  • サラダなど、生でいただくものは、専用のまな板や包丁を用意して、使い分けをするのもおすすめです。