ギフト特集

> お肉の調理方法 > ビーフカレーの作り方

ビーフカレー神戸牛カレー肉販売中

ちちんぷいぷい登場!ビーフカレーのレシピ

神戸牛を使うと普段のカレーが旨みたっぷり、グレードアップ!

よく、カレーの旨みやコクを出すために、玉葱を弱火で飴色になるまでじっくり炒めたりしますが、 神戸ビーフを使うと、お肉から旨みとコクが出るので、手間のかかる工夫いらず!!
翌日がまたうまいっ。一日目はしっかりあった肉がくずれてホロホロになるんです。
いつも大量に作って数日間楽しんでいます。(^^)

達人のポイント

肉を最初に炒める!
じっくり煮込む!

広告


材料(一応4人前)

こちらのお肉を使用しています

  • 神戸牛カレー用角切り肉 450g
  • 玉ネギ 600g (中3個)
  • じゃがいも(メークィーン)150g(約3個)
  • にんじん 80g(小一本分位)
  • 牛脂 50g
  • 850g
  • 牛乳 大さじ約2
  • バター 半かけ
  • マーマレード 大さじ1/2
  • チョコレート 半かけ
  • バナナ(つぶしたもの)約1/8本
  • カレールー
    ○ジャワカレー辛口 4かけ
    ○ゴールデンカレー辛口 3か
  • S&Bのカレー粉 大さじ1.5
  • ウスターソース 少々
  • しょう油 少々
  • 少々
  • コショウ 1/2本
  • にんにくスライス 1かけ

ビーフカレーの作り方(たっちゃん風)

01.
熱した鍋・フライパンに牛脂を25gずつ入れる。肉を常温に戻しておく。
※肉がひっつかないよう鍋の底だけでなく側面も!肉を炒める。
02.
角切り肉・にんにくスライスをフライパンで炒めて、塩コショウで味付ける。
※先に炒めるのは「旨みを閉じ込める」「煮崩れしないようにする」ため。
03.
肉をフライパンから鍋に移す。鍋の中から残った牛脂をフライパンに戻す。
04.
大きく切った「じゃがいも」、小さく切った「にんじん」をフライパンで炒める。このときコショウを適量入れる。
05.
鍋に炒めたじゃがいも・にんじんを入れ、再び牛脂を取り出して、フライパンへ移す。
06.
フライパンでざく切りにした玉ネギを炒める。早くかさを減らすため塩少々を加える。5分ほど炒めて鍋に入れ、中とろ火で5分炒める。
07.
水を鍋に入れる。それから中とろ火で45分煮込む。
08.
バター・マーマレード・チョコレート・牛乳・バナナを入れ、約10分煮込む。

※ カレーにおすすめの隠し味
辛さを強調:カレー粉、胡椒、レモン汁、醤油
甘味やコク:ジャム(チャツネ代わり)、チョコレート、トマトケチャップ
コクと風味:牛乳、生クリーム、バター、ウスターソース
フルーツ:りんごのすりおろし、つぶしたバナナ、刻んだパパイヤ

※全て入れる必要はなく家にあるもので良いですが、 複数入れるほど旨みやコクが増します

09.
冷やしたカレールーを小さくし、(包丁でそぎ落とす感じで)鍋に入れる。2回くらいに分けて入れると良い。
10.
さらに1時間ほど煮込む。焦げないようにひたすら混ぜること!
11.
最後にS&Bのカレー粉を加え、ウスターソース・しょう油・コショウで味を調え10分煮込むと完成!

いただきまーす!

僕はいつも、半熟の目玉焼きを乗せて食べます。
■牛脂を肉と間違えて食べないように気をつけてくださいね!
■残ったら、冷蔵庫で保存するのが良いですが、常温のまま朝晩の2回、しっかり火を入れれば数日持ちますよ。
※じゃがいもは足が早いので、初日に食べ切るか、最初から入れない方がよいです。

広告


このページのトップへ