ギフト特集
いらっしゃいませ ゲストさん カートを見る

> 店舗紹介 > 辰屋のトレーサビリティ

牛トレーサビリティ法とは

「牛の個体識別のための情報の管理及び伝達に関する特別措置法」の通称。
牛海綿状脳症(BSE)の広がるのを防ぎ、消費者に安全な牛肉を提供するための法律です。

国内で生まれたすべての牛に識別番号を付け、生年月日・性別・飼育者・飼育地など8項目の履歴情報を生産・流通・消費の各段階で記録・管理することが義務づけられています。

識別番号は公開され、インターネットを通じて情報を閲覧できます。
平成15年(2003年)に牛肉トレーサビリティは施行されました。

神戸ビーフとは?

兵庫県産の牛は皆さんのお手元に届くまでに全頭を牛海綿状脳症(BSE)検査し、 合格した牛は市場で兵庫県産(但馬牛)として売買されております。

その中でも、肉質等級(霜降りの割り合いであるBMSが 6 以上の肉質のもの)の格付基準に 合格したものが「神戸ビーフ」となり、神戸ビーフの証である「のじぎく判」と呼ばれる判が 押されます。

そして、それらの厳しい諸条件に合格した神戸ビーフにはその証明として 「神戸肉之証」が付いております。
長年、神戸ビーフを扱い続けている当店では、過去に購入した神戸ビーフの証明書を 大切に管理しております。

また、当店では神戸ビーフを扱う神戸肉流通推進協議会指定店にだけに置かれる ブロンズ像も店舗にて設置しております。

のじぎく判/神戸肉之証/指定店にあるブロンズ像

辰屋のトレーサビリティ

辰屋ではお肉をお送りさせていただく際に、「神戸肉之証」のコピーをお付けさせていただいております。
この「神戸肉之証」に明記しております10桁の数字が牛一頭ずつに割り振られている個体識別番号です。
下記の場所で追跡調査ができるようになっております。

牛の個体識別情報サービス

(独) 家畜改良センター 個体識別部
https://www.id.nlbc.go.jp/top.html

「神戸肉之証」コピー1 「神戸肉之証」コピー2

ロット管理

辰屋では神戸ビーフのロットをまとめて管理しております。
たくさんのご注文を頂くと、1頭や2頭の牛だけではお肉が不足してしまいます。
その為、ご注文量によっては複数頭の牛を使用することになるためそれらの個体識別番号をまとめて管理しております。
「牛トレーサビリティー法」に基づき、複数の個体識別番号を辰屋にて一意のロット番号に紐付け、管理しております。

辰屋ではロット管理したものをネット上に公開しております。

(有)辰屋 神戸牛トレーサビリティ管理ページ

「牛肉トレーサビリティー法」では最大50頭まで、ロット管理が認められています。
当店としましても、お客様にひとつの個体識別番号を提示できる方がわかりやすく、理想的なのですが、現場ではひとつの商品に対してひとつの個体識別番号を当てはめるということが作業面、コスト面で非常に困難で、誤った情報をお客様に提示してしまったり、販売価格の上昇に繋がる恐れがあるため、ロット管理を行っている次第です。

スーパーや対面販売の店の場合は先に作ったお肉を販売するのでロット管理をせずとも販売が容易なのですが、当店の場合は新鮮な肉をなるだけ安価に召し上がって頂くべく、注文を受けてから商品作りを行います。また、商品をお作りする際、複数の神戸牛からお肉をもってくることで、一頭で商品作りするよりも、常に安定した品質を保つことができる、という点もございます。

牛肉トレーサビリティー法の成立は、過去のBSE発生に端を発しています。BSEが発生した際に、発生した牛と一緒に飼われていた牛を、確実に特定し、市場に出ないよう回収を可能にすべく、トレーサビリティーシステムが作られました。

ロット管理の場合はそのロット番号に紐付けられた全ての牛肉について回収が行われ、安全面でも保証されております。